スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HiroG
 
[スポンサー広告
            
最近は。。
転職してからというもの、ぶっ通しで働き続けています。

披露の蓄積が半端ない。

このままでは、やばい。多分、やばいですわー
スポンサーサイト
Posted by HiroG
comment:0   trackback:0
[仕事
            
Googleで世界各地の現在時刻がわかるよ
Googleで世界各地の現在時刻がわかるようになったそうです。

20101117.gif

こんな具合に、国名または都市名とともに「時間」と入力すると現在時刻が出るんですわ。



ちなみに自分はこんなものを多用するようなグローバルな人ではありません。



Posted by HiroG
comment:0   trackback:0
[仕事
            
ライブの時以上に..

今日はお客様のところに納品に行ってきました。

久しぶりに重いものを持ったせいか、ライブの時以上に汗が噴き出して来ました。
たいした数を運んだわけでもないのになー

しゃがみ込むとぼたぼたと滝のような汗.. 異常に汗が出ました。
こんな時に限ってハンカチを忘れてくる始末。
やせちゃうかな? 悲しいかな今はその兆候はないですが..

やっぱり疲れてるのかな。

しんどいわー





Posted by HiroG
comment:2   trackback:0
[仕事
            
緊急地震速報の誤報の件
8/25に気象庁が朝っぱら緊急地震速報を発表したんですが、これがシステムの改修が原因で間違いだったとのこと。
asahi.com(朝日新聞社):地震誤速報、ソフト改修原因 気象庁「業者が無断で」

 気象庁が「関東地方で震度5弱程度の揺れがある」とする誤った緊急地震速報を発表した問題で、同庁は25日、地震計のソフトウエアの改修を依頼した明星電気(群馬県伊勢崎市)が、依頼したものとは別のソフトウエアに無断で変更を加えた上、変更内容も誤ったことが原因だったと発表した。

 同様の変更は計4台に加えられており、25日夕に改善されるまで、いずれも誤った緊急地震速報を流す可能性があったという。

 誤った変更が加えられていたのは、今回の誤報の元となった千葉県南房総市に設置された地震計のほか、千葉市の千葉測候所、兵庫県加西市観測点、大阪管区気象台の地震計。地震の情報を東京と大阪の処理システムに同時に送れるようにするため、気象庁が全国237台の地震計のソフトウエアの改修を明星電気に依頼。同社は24日、手始めに4台に実施したが、依頼分の改修と同時に、地震の振幅のデータを処理するソフトウエアについても無断で変更を加えたという。

 改変点は、これまで小数点以下を切り捨てて処理していた振幅の数値を、四捨五入してより正確な数値に近づけるというものだった。しかし、振幅を表す単位を「マイクロメートル」とすべきところを誤って「ミリメートル」としてしまったため、振幅が実際よりも常に500マイクロメートル大きくなるようになったという。

 今回の誤報では約20倍の大きさになって伝えられ、振幅を元に計算される地震の規模を示すマグニチュード(M)は、実際にはM4.1だったのがM6.6とされた。


すんごいシステムだよね。
社会的な責任も大きい。
誤報を出したらエライ叩かれるし、大変気の毒な話だわ。

そんなに叩かなくてもイイと思うんだけどな。
災害大国ニッポンノミナサマ、もっとゆっくりしようぜ。

速報を出してみんなが素早く行動できるようにするという事なんだろうけど
俺はきっとあたふたしちゃって、何にも出来ないな。
そんな高度な速報システムなんかより、食器棚を固定するとか、
地震対策の方に国として金を出してくれないもんかね。
まじそう思います。

どうせ通知するなら、こんな装置がよさげです。






お部屋にもマッチしとるわ。

ではー
Posted by HiroG
comment:0   trackback:0
[仕事]  thema:ビジネス - genre:ビジネス
            
TwitterFeedのテストね
うん、テストだ。
どうさ?
Posted by HiroG
comment:1   trackback:0
[仕事
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。