スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HiroG
 
[スポンサー広告
            
注意おばちゃん
また病院での出来事。

耳鼻科の初診の時の話なんだけど
待ち時間にお客さんに電話をしようと思い、場所が場所なんで公衆電話の所で電話をかけようとしたとき


プルプルプルプウル!!!

別のお客さんから電話が来た。


いろいろおしゃべりをしていると、俺の周りにうろつく怪しい影がちらちらと、チラリズム。

チラリズムはいいよね。
大変いいね。


んで、そのチラリズムが、大胆にそして大きくなってきたのよ。

んで、その大きくなったチラリズムに目を向けると、そこには細身のおばちゃんが、俺をにらむようにたたずんでいた。

おばちゃんはツカツカと玄関の自動ドアに向かっていった。
「なんだこのババア、人をにらみつけてバイバイかよ」と思ってたら、自動ドア横のガラスをコンコンコンとたたき始めた。
「ばばぁ、頭おかしいんだな。それならよし」と思い、会話に戻ったら、まだたたいている。


「うるせぇ、ババァ!!!!」

と、言おうとしたその瞬間、ババァがコンコンしている先には

「ケータイ電話は指定の場所で....」 という張り紙が!!



僕はババァに挨拶しながら、外に出た。


関連記事
スポンサーサイト
Posted by HiroG
comment:0   trackback:1
[日常生活
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。