スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HiroG
 
[スポンサー広告
            
ソウル・サバイバー (The NewestModel)
アーリー・ソウル・フラワー・シングルズ

1980年代、ボクのワクワク感をドバーッとあふれさせるようなバンドがありました。
「ニューエスト・モデル」という大阪からのバンド。

突き刺さる日本語の銃弾.. 社会を風刺、批判した言葉を上手く使いまくる。


どん欲に多様な音楽を消化してゆくその雑食性。
そのサイケなファッション..

それらのどれもこれもが、そのバンド名の通り最新型に見えました。

中川敬(ヴォーカル、ギター)の発する強引な声、強引なギター。
また、キーボードが効いてるんだわ。

一番最初に見たのは、当時よくやっていたMTVの様な番組だったと思う。
それに衝撃を受けたボクは、「ソウル・サバイバー」というアルバムを即購入。(もしかしたら貸しレコードだったかも知れない)

最初からドカーンだ!

ソウル・サバイバー


ディスコ・アームド・ピースからこたつ内紛争につながるところが特に好きだった。
ちなみに「ディスコ・アームド・ピース」は結婚式のキャンドルサービスで使いました

あとはもうとにかく複雑なリズムがハイスピードで突っ走っていく..

基本的に全曲大好きです!
しかし.. 「ヘイ・ポッキー・アウェイ」での、うつみようこの声が嫌でした。
すいません、あの声には今だ慣れません..




その次に出たアルバム「クロスブリード・パークは、前アルバムとは少し違った匂いがした。

クロスブリード・パーク (通常盤)

ちょっとサウンド的に深みが増したって言うか、サイケ色がより深くなった気がした。
最後の曲「底なしの底」にはやられます。
おいおい、底はないのかい??ですよ、全く。

大体の曲は好きなんだけど、「車といふ名の密室」は個人的に、中川が混沌としてきた感じを受けました。



その後、1992年にユニバーサル・インベーダーというオリジナルアルバムを発表しバンドは収束に向かう。
ユニバーサル・インベーダー

なぜか、このアルバムは聴いていません。
多分、クロスブリード・パークで、変化を感じていたいて、ソウル・サバイバーほどの衝撃を感じられなかったせいで手が伸びなかったんだろう。


その後、盟友メスカリン・ドライヴと共にソウル・フラワー・ユニオンを結成し、現在に至るわけですが.. なぜかソウル・フラワー・ユニオンを聴く気にならないのです。
なんか民族音楽っぽくなっちゃったのかな?

そろそろ聴いてみようかなぁ。ひょっとしたら、またワクワクが戻ってくるかも知れないし..

関連記事
Posted by HiroG
comment:0   trackback:0
[我が青春の音楽]  thema:邦楽 - genre:音楽
comment
comment posting














 

trackback URL
http://hvg1.blog41.fc2.com/tb.php/112-7231af8e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。