スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HiroG
 
[スポンサー広告
            
覆面バンド そして小室さん「罪と音楽」
風邪が流行っていますねぇ。インフルエンザもしかり。年がら年中インフルエンザの心配をしなければならない時代になってしまいました。嫌だなぁ...

さて今日(あ、もう日が変わってるから昨日だね)ドクトルGの練習がありましたが、メンバーみんなマスクをしながらの練習でした。アカノフさんの風邪がまだ治らない様子。週末は札幌なんで、予防の為みんなマスク。ちょっと異様な光景でした。
写真取ってくれば良かったな..

マスクといえば覆面、覆面といえば、覆面バンド、覆面バンドといえば「銀星団」でございます。
ドクトルGも銀星団のように謎のバンドになりたいです。
と、ひとりで勝手に思ってます。



さて、例の事件の小室哲哉さんですが、立派なタイトルの本をお出しになったそうで..
「罪と音楽」というタイトルですが、日本語って難しいので小室さんの事件を知らん人は(あまりいないか?) 罪と音楽の関連性についての本かと思っちゃうぢゃないか。

「僕から音楽をとったら、何も残らなかった」
なぜ事件は起こったのか?絶頂からの迷走、転落、そして・・・。

不世出の音楽家が、過去を省み、未来を考察しながら、偽らざる胸中と変わらない音楽愛をすべて明らかにした、奇跡を起こす再生の書。書き下ろしエッセイ!

「何も考えるな。生きながらにして死ね」
その声はいつも、頭の中に鳴り響いていた。

もはや限界を超えていた。もう愛することも愛されることも、実感できなくなっていた。それでも僕は、ただ音楽を作り続けた。ドラキュラは、日光を浴びると、一瞬にして灰になるという。あの頃の僕は、2年なり3年なりの時間をかけて、ゆるやかに灰になっていった。それが「生きながらにして死ぬ」ということだ。今回の事件で、僕はやっと髪の毛まで灰になれたのかもしれない。リセットとは、あらゆるレジェンドを無に帰するところまで落ちなければ、許されないものだった・・・。

上記はamazonからの引用ですが、ドラキュラを持ち出さなくてもいいですよね。なんの関連もないもの。

しかし自分の罪でまた金を儲けようとするパワーはすさまじいですね。
いやいや、ひょっとしたら当人は出したくないのだけれど、周りにワーワー言われてるのかも知れません。

まぁ、ワタクシなどは、この人のせいで日本の音楽文化はメチャクチャになったと思ってますので(何故か安室ちゃんの数曲だけはOK!)、こんな本読みませんが興味のある方はどうぞー。

罪と音楽
罪と音楽
posted with amazlet at 09.10.02
小室 哲哉
幻冬舎
売り上げランキング: 87




さて、風呂に入って寝よか。
おやすみなさい。
関連記事
Posted by HiroG
comment:0   trackback:0
[
comment
comment posting














 

trackback URL
http://hvg1.blog41.fc2.com/tb.php/115-feaee45b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。