スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HiroG
 
[スポンサー広告
            
さよなら 加藤和彦さん
今月の17日、加藤和彦さんが亡くなりました。

今年はいい方が沢山あの世に逝ってしまいます。なんか本当に変な年じゃないすか??

自分の聴いてきた音楽には、加藤さん個人にスポットを当てたものは無いですが、
今考えてみると、意識しようがしまいが、色々な場面で加藤さんの音楽に触れてきていたんだ、
と思ふのだわ。

まずは、やっぱり「帰って来たヨッパライ」です。
この曲67年に発表されたんだけど、自分はちゃんと聞き覚えがあります。当時はテレビなんて無くラジオ全盛だったと思うんだけど、永く色んな場所で、色んな人が口ずさんでいたんだろうな。

オラは死んじまっただぁ.オラは死んじまっただぁ.オラは死んじまっただぁ.天国へ行っただぁ.
死にたくなるほど、いいフレーズ!!
(作曲は加藤さんだけど、作詞は松山猛さんとのこと)

その後はサディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」です。
姉ちゃんと「タイムマーシンに..お願い!」とよく歌ってました。


時代は飛び、映画「パッチギ!」で久しぶりに加藤さんの音楽に触れた。
イムジン河です。

イムジン河

この曲がそういう背景を持っていたとは知らなんだ。


日本の音楽に多大な影響を及ぼしている人だったんだな.. と改めて実感する。

そんな加藤さんがいなくなってしまった。
最近の記事から加藤さんの苦悩が読み取れる。


ZAKZAKからの引用
「世の中が音楽を必要としなくなり、もう創作の意欲もなくなった。死にたいというより、消えてしまいたい」


評論家の方はこう言っていたそうだ。
「加藤さんは今の音楽は話にならない、と考え“和幸(かずこう)”で楽曲を世に出した。けれど今の人たちに響かず、失望をしたんじゃないだろうか」

「ザ・フォーク・クルセダーズは、和製ビートルズだった。そのフォークルから、さらにアーティストが触発された。南こうせつは、大分で高校生だったころ、フォークルを聴いて『オレにもできる』とかぐや姫を結成している。先駆者としてのプライドや最先端という自負があったのではないか」


和製ビートルズ、というのはよく理解できないけど、プライドや最先端という自負があったという部分については大いに共感できます。

でも、加藤さん。
「世の中が音楽を必要としなくなり..」
というのは、あまりにもさびしいじゃないですか。

あまりにも商業化された音楽にはボクも辟易します。
そういう音が山ほど有って、吐きたくなる時もあります。

だけど、世の中はいつも音楽と共にある。少なくとも自分はそう。
出来る事ならいつも好きな音楽と暮らしたい。
そして、自分は歌いながら死ねたらいいな、と思います。

天国へ行って神様に怒られてください。


関連サイト>>
加藤和彦さん“遺書”の波紋…「売ろうとかいう呪縛」

ゴールデン☆ベスト フォーク・クルセダーズ

関連記事
Posted by HiroG
comment:6   trackback:0
[訃報
comment
日経の全国大会審査員で今年もコメントが聴けるかと
思いましたが、もう歌も声も聴けないのですね。

私も自分の好きな音楽に囲まれて死んでいけたらと。
思う、この頃です。
2009/10/22 20:06 | URL | edit posted by HARPER
こーいう言い方もどうかとヲモうけど、

ある意味、清志郎が亡くなった時よりもショックだった。。

しかも、この理由。。

              ご冥福をいのるばかりだわ。。
       
2009/10/22 21:38 | URL | edit posted by クマコロ。
この曲を贈ります
今週の土曜に新生レディースバンド初ライブをするyukaですv-266
前身バンドの時から一番のレパートリーが「タイムマシンにお願い」で、当然今回もリストに入れてたから訃報にメンバーみんなびっくりv-406
土曜はこの大好きな名曲を力いっぱい楽しく演奏して天国の加藤さんに届けたいですv-340
yukaはこのバンドではボーカルではなくギターなので、あのリフを弾きまくりま~すv-355v-355

2009/10/22 23:13 | URL | edit posted by BBB yuka
Re: タイトルなし
HARPERさん

> 日経の全国大会審査員で今年もコメントが聴けるかと
> 思いましたが、もう歌も声も聴けないのですね。
>

そうですよね.. ドクトルGが全国へ行ってたら、生きていてくれたかな?

> 私も自分の好きな音楽に囲まれて死んでいけたらと。
> 思う、この頃です。

あと、カメラでしょう。e-68


2009/10/23 11:27 | URL | edit posted by ヒロノヴィッチG
Re: タイトルなし
クマコロ。さん

ワタクシも、キヨシの時は「ひょっとしたらそういう日もくるんかな」と心の準備が
出来てました。

なんか、「悲しくてやりきれない」という曲が頭ん中をグルグルとループしてます。

> こーいう言い方もどうかとヲモうけど、
>
> ある意味、清志郎が亡くなった時よりもショックだった。。
>
> しかも、この理由。。
>
>               ご冥福をいのるばかりだわ。。
>        
2009/10/23 11:31 | URL | edit posted by ヒロノヴィッチG
Re: この曲を贈ります
yukaさん

新生レディースバンド..見てみたい。
ところでホントにレディースですか??(すみません、失礼ぶっこきました..)

楽しんでください!
高中ばりにギターを弾いて、加藤さんを怒ってやってくださいねv-91
2009/10/23 11:33 | URL | edit posted by ヒロノヴィッチG
comment posting














 

trackback URL
http://hvg1.blog41.fc2.com/tb.php/133-eb6b7c62
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。