スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by HiroG
 
[スポンサー広告
            
こんにゃくゼリー 食べたかったんだぜ
noteat.gif



こんにゃくゼリー窒息死訴訟、両親の訴えを棄却

だそうです。

以下、asahi.comより引用
兵庫県の男児(当時1)が「こんにゃくゼリー」をのどに詰まらせて死亡したのは食品としての安全性に欠陥があったとして、両親が製造物責任(PL)法に基づいてマンナンライフ(群馬県富岡市)と同社社長らに約6240万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、神戸地裁姫路支部であった。中村隆次裁判長は「通常の安全性を備えており欠陥はない」と述べ、両親の請求を棄却した。こんにゃくゼリーの製造元の責任をめぐる判決は初めて。

 判決によると、男児は1歳9カ月だった2008年7月29日、マ社のこんにゃくゼリー「蒟蒻畑(こんにゃくばたけ)」を祖母から凍らせた状態で与えられてのどに詰まらせ、約2カ月後に亡くなった。

 両親は昨年3月に提訴。訴訟で「こんにゃくゼリーは通常のゼリーよりも弾力性が強く、物をかむ力やのみ込む力の弱い子どもや高齢者にとっては危険性が増す食品だ」と主張。パッケージ裏面の警告表示は不十分で、同社ホームページに「冷やすとより一層おいしく召し上がれます」と表示されていたことから、消費者がゼリーを凍らせることをマ社側は予想できたと訴えていた。

 判決は(1)こんにゃくゼリーの「冷やすと硬さや付着性が増す」などの特性はこんにゃく自体のもので、通常のゼリーと食感が異なることは消費者も十分認識できた(2)当時、外袋に子どもや高齢者への注意を呼びかけるイラスト入りの警告表示があった――などと指摘。幼児らに与える際には食べやすい大きさに加工するのが通常と考えられるとして、製品にPL法上の欠陥はないと結論づけた。

 判決後に会見した原告側代理人の土居由佳弁護士は「不当な判決」と述べた。マ社代理人の松坂祐輔弁護士は「冷静に結論を出してもらった。食物による窒息事故で毎年4千人以上が亡くなっており、そのうちこんにゃくゼリーは(年間)1.7人。国はこんにゃくゼリーだけでなく対策を考えてもらいたい」と話した。




亡くなった子供とご親族には、哀悼の意を表しますが、自分は
「こんにゃくゼリー」食べたかったんよ!!

こんにゃくゼリーは、小腹が空いた時のおやつに最適なのよ。
もちろん、子供にも食べさせてたぜ。


こんにゃくゼリーがスーパーから消えて寂しい思いをしていたのは自分だけではないはずだ。


この件を契機として国も色々動いているようだけど、
上の引用にもあるが、食物窒息事故なんて餅とかの方が多いんじゃないかと思うが、どうでしょう?


いちいち、パッケージに注意書きを書いてないとダメなのか?
逆にパッケージに注意書きがあれば企業側は何か起きても逃れられるのか?

そんな事、いちいち教えてもらわないと、何にも出来ないって事じゃないだろう。

ってか、だいたいパッケージなんて見ない事も多いだろ??
保険のパンフレットには注意書きがあるが、書いてあっても「小さくてわからん!」とか文句言う人もいるし..


結局は、責任とか悔いる気持ちを誰かに押しつけたいのだな。
それで楽になれるのかな。


そういえば、政府主導で「こんにゃくゼリーの形と硬さを決定」とか言う話もありましたな。

あきれるわ、sengoku





関連記事
Posted by HiroG
comment:0   trackback:0
[時事ネタ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://hvg1.blog41.fc2.com/tb.php/217-30a51df5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。